売りたいSell

不動産売却成功のコツ

Point1適正価格で販売

売却希望価格と相場価格が一致しているかどうかで売却の成功率は大きく違います。
相場価格よりも高い場合の成約率は大幅に下がります。
不動産会社からの査定書を確認することはもちろん、 相場価格の調査も欠かさず行ってください。

Point2売りやすい物件にするためには、調査をしっかり行う

物件のバリューを高めるのは売主様の役目です。
契約後の余計なトラブルを防ぐ為にも、
ご自分の不動産をチェックしてから売却活動をすることが
重要なポイントになります。
物件のデメリットやメリットを買い手に伝えることで、
スムーズな売却が行えます。
知らずに今まで住んでいた住まいが、
実はワケあり物件だったなんて事が無いよう、しっかり調査を行いましょう。

Point3部屋の中をきれいにしておきましょう。

・最初に目に付く玄関の印象はとても重要です。
・主婦の目に届きやすいキッチンやお風呂など水回りにも清潔に。
・バルコニーや庭などもきれいにしておきましょう。
・部屋内は明るく暖かい印象が大切。
 内覧は日中の明るい時間にご案内することが多いですが、その際でも照明をつけることをお勧めします。
 玄関・キッチン・トイレ・バスルームもすべて照明をつけましょう。
・ペットやたばこのにおいは消臭しておきましょう。
 ペットやたばこのにおいはご本人以外は気になるもの。前もって消臭剤などでケアしておきましょう。

Point4売主様側の立会いは少人数で行いましょう。

居住中の物件の内覧は購入希望者も緊張してしまうものです。
なるべく立会いの人数を少なくして、購入希望者のストレスを軽減しましょう。

Point5売主様自らあまり営業をしないこと

せっかく物件そのものが好印象でも内覧の際に押し売りされてしまうと購入希望者は嫌な印象を持つ場合が多いです。
お客様から聞かれたことにお答えする程度がもっとも好印象に映ります。

Point6何事も慎重かつ迅速に

さて、購入希望者からの申し込みがあり一安心。とお思いの方、油断は禁物です。
これから契約までが非常に大切な期間です。
意外にもせっかくまとまりつつあるお話がこの間に流れてしまったということもあるのです。
買手への返答が遅れたり、契約の日どりまで期間が空いてしまったり、
こうした状態は買手の気持ちを不安にさせてしまい、ご決断も揺らぎかねません。
慎重かつ早い決断で買手に意思をはっきりと伝え、
契約の日どりは早めに設定しましょう。
何事においてもご自身の意思表示は慎重にかつ迅速に行うことが
すべてにおいての成功につながります。

housebank|ハウスバンク

ハウスバンクのfacebookページ

メニューを開く
メニューを開く
ハウスバンクのfacebookページ
メニューを閉じる
画面最上部へ