売りたいSell

住まいの買い替えテクニック

お住まいの買い替えを行う場合、「ご売却」と「ご購入」のタイミングが重要となります。
同時に行えるのが理想ですが現実にはなかなか難しいものです。
買い替えの場合には、ご売却を先行する「売り先行タイプ」とご購入を先行する「買い先行タイプ」があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

そして何よりも大切なことは『買い替えの動機』を明確にすること。
買い替えの動機の大半は今の住まいに対する不満や不都合からです。
だからこそ、まずはその不満や不都合を解消する住み替え先の必要条件の絞込みをしっかりと行うことが重要となります。
お客様のご事情、ご要望にあわせてハウスバンクがベストなお買い替え方法をサポートします。

売り先行タイプ

ご自宅を売却してから新しい購入物件を探す方法です。
購入物件が特定されていない場合は安心で確実な方法です。

メリット

  • 売却金額が決定しているため、資金計画が立てやすくなります。
  • 売却を急ぐ必要がないため、じっくりと売却活動ができます。また、たとえ買い替えを中断しても住み家は残ります。

デメリット

  • 売却が決まれば買主に物件を引き渡すまでに購入物件を決めなければいけません。
  • 購入物件がなかなか決まらないと仮住まいをする必要が出てくるため出費が増します。
STEP1今の住まいの売却(決済)
STEP2賃貸等、仮住まいへの引越し
STEP3買替え先の選定
STEP4買替え先物件の契約・引渡し

買い先行タイプ

初めに購入物件を決めてから売却を行う方法です。
売却によって得た資金を使えないため、資金的に余裕がある場合に有効といえます。

メリット

  • じっくり購入物件を探せる。
  • 仮住まいなどの余分な費用がかからず、引渡し・引越しもスムーズにできます。

デメリット

  • 購入資金を先に用意しなければならない。
STEP1買替え先物件の契約
STEP2買替え先物件の決済・引渡し
STEP3空き家となった元の住まいの売却活動
STEP4売却物件の契約・引渡し
housebank|ハウスバンク

ハウスバンクのfacebookページ

メニューを開く
メニューを開く
ハウスバンクのfacebookページ
メニューを閉じる
画面最上部へ